平屋育ちの私が2階建てに住んで感じた、必要なトイレ数。

私の実家は普通の平屋です。
実家を出てからは賃貸マンションとアパート暮らしだったこともあり、半年前に購入したこの家が初の2階建て!

そんな私が、両方経験した視点からトイレの数について考えたいと思います。

スポンサーリンク

戸建てにトイレはいくつ必要か

トイレの数で悩む理由として多かったのは、以下の3つ。

1.具体的な想像が出来ず決めかねてる
2.金銭的な問題(予算の都合)
3.面積的な問題(土地や建物の広さ)

2や3については、中古戸建て購入の私に出来るアドバイスが少なすぎる…!
ただ、予算や広さの関係で折り合いをつけるにしても、具体的なイメージが沸かないことには難しいと思うんです。

ということで、今回は1の 具体的なメリットデメリットが想像出来ない という方向けの話になります。

両方に住んでみて

トイレの数で迷う方って、旧居と新居でフロア数が異なる場合に多いようです。

・マンション→2階建て
・2階建て→平屋
・2階建て→3階建て

みたいな感じ!確かに、今まで住んだことがない階数だと想像するのも難しいですよね。

あとあとの話が入りやすいよう、先に結論からいきます。

両方の暮らしを体験をした結果、2階建てなら2ヶ所!平屋は好きにすればいい! というのが私の結論です。
3階建てについては未知の領域…。

平屋の場合

私が子供時代の家族構成(人数)は以下のとおり。
実家の平屋‥大人4人+子2人の計6人 ※三世代同居

ブログを書くにあたり当時の生活を振り返ってみたのですが、トイレについての不満は特に思い当たりませんでした。

もちろん、この人数なのでタイミングが被ることは時々あります。
それでもすごく不便というほどの記憶ではないんですよね。トイレより洗面台前の混雑が不便だった記憶。

トイレで長居する人(新聞やら持ち込むタイプ)がいなかったからってのも関係してそうです。
家族内に、お腹が弱い人やトイレに篭もるのが好きな人がいるなら2つ作った方がいいかも!

トイレの位置

ここまで書いて思い出したことがひとつ。
実家のトイレはどの部屋からも遠くない位置でした。
平屋の場合は2階建てに比べ横移動の距離が増えるので、どこからもアクセスしやすい場所がおすすめです!

2階建ての場合

今の家族構成(人数)は以下のとおり。
現2階建て‥大人2人 ※夫婦のみ

予算や広さに問題がないのであれば、2階建てのトイレは絶対各階に作りましょう!

各階がいい理由、それは何と言っても階段の上り下り
平屋の時は1つでも気なりませんでしたが、今住んでる家(2階建て)のトイレが片方消されたらものすごく不便です。

現在マンションや平屋で生活している人は想像してみてください。
家や職場で「ちょっとトイレに行きたいな」って思う度に階段移動がセットになるんです。
1つしか作らずにあとからめんどくさいと思っても、トイレって簡単に付け足せるものではありません…!

体調不良の時

平屋と比較して1番気になる点です。特に、子育て中や同居の予定がある方!
ひどい風邪を引いたり具合が悪い時って、基本的に寝室(または子供部屋)で安静にしてますよね。

家で過ごすってことは、それだけ自宅トイレの利用回数も増えます。
そんな時にトイレが1つしかなく、しかも階段移動があるのって すっごくしんどい です。
大人やある程度大きい子ならひとりで行くでしょうし、小さい子は抱っこして連れて行くかもしれません。
ただ、体力が落ちてるフラフラの状態で階段を使うのって、移動が辛い上に危険性もあがってしまいます。

今まで住んだところは全部フラットだったこともあり、フラフラになりながらもなんとかトイレまでたどり着けてました。
もし途中に階段があったらしんどかっただろうなぁ。
この家に引っ越してからはまだ寝込んでいませんが、寝室と同じ階にトイレもあるので大丈夫だろうと思ってます。

我が家の間取り図‥1階LDK+2階水まわり
我が家は築浅の中古戸建て(建売3LDK)なので、自分たちで考えた箇所はありません。 にもかかわらず、私達のライフスタイルに合ってるのか…

そんな体験から、トイレまではフラットをおすすめします。
すなわち2階建てならトイレは2ヶ所!


以上、トイレの数に対する考えでした。悩んでる方の参考になれば嬉しいです!

1階トイレの入居後WEB内覧会もよかったらどうぞー。

▼今日のおすすめ(ブログ村テーマ)
WEB内覧会*トイレ
家づくりを楽しもう!
トイレ・洗面所・風呂のインテリア♪