【住宅ローン】夫が加入してる団信代わりの民間保険


我が家の住宅ローン返済は夫の一馬力。
別記事で書いたようにフラット35でローンを組み、団信代わりの民間保険に加入しています。

関連記事:マイホーム購入まで【4】ライフプランニングと保険の相談

今日はその保険内容について書いてみました!
※契約したのは2016年2月です

スポンサーリンク

団信ではなく収入保障保険

返済者である夫が加入しているのは【無配当 無解約返戻金型収入保障保険】という商品で、保険会社は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命です。
名前が長い!
保険担当Tさんから『年齢的に、団信に入るよりこちらの方が安く済みますよ。』と勧めてもらいました。(当時26歳)

住宅ローンの支払い期間である35年の間に、もしも夫が死亡(または高度障害状態に該当)してしまった場合、住宅ローン残高と同じくらいの保険金が下りるよう組んであります。
この保険金を支払いに充てることが出来るため、ローンが残っていても困らないという仕組みらしいです。

夫が26歳の時に加入したので、保険料の支払い&保証が終了するのは61歳。
ちなみに死亡時の受取人は妻である私、高度障害時は夫(本人)となっています。

そして、同じくTさんの勧めで特定疾病診断保険料免除特約というのもつけました。

これは、特定の疾病(悪性新生物※がん・急性心筋梗塞・脳卒中)のいずれか且つ所定の状態となってしまった場合に、以降の保険料払込が免除されるという特約です。

今後夫が病気で働けなくなってしまったら、私だけじゃどうしようもないもんね…。
とはいえ健康が1番。夫にはいつまでも元気でいてほしいです!!!

年間の支払額

そして、夫が加入した保険は健康状態によって保険料が変わってきます。
保険会社の健康基準を満たしている&非喫煙者(過去1年の喫煙歴なし)だと、そうでない場合に比べて1万円ほど安くなりました!

月額換算したら微々たる額だけど、トータル35万円違うのは大きいです。
若いうちなら団信より民間保険の方が安いっていわれるのには、こういった理由もあるんだろうなー。

ということで、夫が団信代わりに入った保険の支払額は年間30,510円です

保険料は、毎年2月に夫の口座から1年分まとめて引き落とされるようになっています。
一応半年払いも選べますが、そっちは少し割高になるのでやめました。(15,660円/半年)


以上、住宅ローンを組んだ際に入った保険の話でした。

保険料を払ったばかりだけど、来月は固定資産税の通知が来るはず。
家を買うってなんだかんだお金が掛かるよね…!

▼今日のおすすめ(ブログ村テーマ)
住宅ローン
家にまつわるお金の話