土地選びで優先すべきは広さ?利便性?田舎育ちが重視したこと

私達夫婦がマイホーム購入を検討し始めた時、まず考えたのは住む土地(立地)をどこにするかでした。

建売にしろ注文住宅にしろ、大半の人がここからスタートしますよね。
そして、土地の広さを取れば利便性が悪くなり、利便性を取れば狭い土地になるという現実…。

もちろん予算上限が無ければ両立した場所に住むことも可能ですが、なかなかそうはいきません。
今回は、そこそこ田舎で育った私が立地の重要性についてまとめます!

スポンサーリンク

土地選びで重視したポイント

背景として、私の実家周辺は以下のような感じ。

・車は1人1台&バス無し
・最寄り駅まで3.5km
・小学校まで3km(徒歩通学)
・中学校まで4km(自転車通学)

最寄り駅は、1時間に1本(通勤時間帯は2~3本)各駅しか停まりません。
そこそこ田舎にあり、住宅&田畑の中に個人商店が点在しているような場所でした。※最近はチェーン店なんかも少しずつ増えてます

そんな環境で育った私が土地選びで重視したのは、利便性(特に交通の便)でした。

特に気にしたのが次の3点!なぜ重視したかも順に説明していきます。

1.車がなくても生活できる
2.子供が自力で行動できる
3.土地は広くなくていい

1.車がなくても生活できる

夫は電車通勤で私は専業主婦。今のところ車は所持していません。

必要な時はレンタカーで間に合っていたこともあり、車がなくても生活に困らない立地を選択。
車社会で育ったからこそ車が使えない不便さを知っていたので、環境を重視しました。

結果、駅まで歩ける距離&自転車で行ける範囲にスーパー・銀行・郵便局などがあるため十分暮らせています。
2人で出かける時はバスや電車で間に合ってるし、維持費を考えたら今の生活がベストかなぁ。
ただ、車があると行動範囲が広がるのでいつかは欲しい!

2.子供が自力で行動できる

1と似てますがこちらは子供目線で。
田舎に住む上で苦労したのは、やはり通学&車を運転できない子供時代です。

・小学校まで毎日往復6km
・高校から電車通学になり駅まで(3.5km)の移動手段が自転車or親の車
・車を出してもらわないと買い物にいけない

そんな体験から、家から駅まで歩ける距離(遠い場合はバスが通っていること)を条件に探しました。
今のところ子供はいないけど、一応学区や小中学校までの距離も調べ済み。

また、中学生あたりから反抗期だった私は、車を出してもらわないと必要な買い物ができない環境が嫌でたまりませんでした。
(自力で行ける範囲にはスーパーか駄菓子屋くらい…。)

もちろん元々住んでた土地なのでしょうがないことはわかってます。
ただ、そうでもない限り広さ確保のため不便な土地に引っ越すのはオススメしません。


だいぶ厳しく書きましたが、決して地元が嫌いなわけじゃないですし親にも感謝してます。
夢は広い庭付き一戸建てという方に、こんな面もあると知ってもらえれば!

3.土地は広くなくていい

逆に、広さにはこだわりませんでした。
実家が広かったことでメリットもデメリットもわかっていたからです。

私の実家は、車4台分の車庫+庭(車7~8台駐車可能)という広さ。
友達家族とバーベキューや花火をしたり、秘密基地を作ってみたり、外遊びには困りませんでした。
この点は本当に良かったと思います。

そうやって広いからこそ出来ることもありましたが、それ以上に大変なのが手入れ&維持管理…!
実際、庭付きの建売を見学してめんどくさがりな私には無理と確信しました。

ということで、我が家に庭はないけど満足しています。
でも、綺麗なガーデニングやイルミネーション見るのは好き!


以上、田舎育ちの私が土地選びで重視したことでした。
なにがベストかって難しいですね…!

▼ブログ村テーマ
田舎で暮らそう!!
マイホーム、我が家
家づくりを楽しもう!