断然無い方が良かった…!浴槽内の段差(ステップ)ありなし問題

スポンサーリンク

先日お風呂場のWEB内覧会をしましたが、個人的にちょっと残念な箇所があります。

それは浴槽内の段差
この、右にちょこっとあるやつ!

個人的には必要ありませんでした。後悔というか残念ポイント。

まあ中古建売だししょうがない!
ただ、段差の有無を選べるなら私は絶対無しにしました。

スポンサーリンク

段差があるバスタブ(エコベンチタイプ)

段差がある浴槽のことエコベンチタイプって言うのね。知らなかった。
よく言われるメリットは以下の通り。

・半身浴が出来る
・お湯の量が少なくて済むため節水になる
・子供(幼児くらいまで?)が入浴しやすい

こう見ると結構良さげ。
だけど個人的にはデメリットの方が大きかった…!

半身浴ならお湯を少なめにすればいいし、子供は必要な時期だけ補助台を付ければ解決。

ですが、段差を取り除くのは無理ですよね。
実家のお風呂が段差無し(フラットタイプ)なので、それと比較し感じたデメリット3つを紹介しましょー。

1.足が伸ばしづらい

どうしても気になるのがこれ!
いくら浮力が働くといっても、段差に載せてる感は否めません。

もちろん伸ばせるには伸ばせるんですが、フラットタイプとはやっぱり違うかなぁ。
あ、夫は特に気にならないみたいです!

2.お湯を多めに張る必要がある

メリットの「節水になる」と矛盾してますね。(このデメリットは個人差があると思います)

ものすごく冷え性な私は、お湯を多めに溜めなきゃいけませんでした。
水位が肩下あたりになるよう調整すると、足を段差に載せた時 つま先が出るんです。
かといって体育座りにしたら膝が出るという…。
この時期特に足先が冷えてるので、上半身に合わせた水位だと高さが足りませんでした。

対処法として給湯水位を1メモリ上げたけど、肩上までお湯があるの苦手(水圧の所為か息苦しく感じる)だから微妙なライン…!

3.追い焚き時が熱い

画像を見てもらえばわかるように、ステップ付きだと給湯口(給水口?)の位置が近くなります。

この位置って、追い焚きで出てくるお湯を避けにくいんですよね…!

足を伸ばす(段差に載せる)とふくらはぎや足首が熱いし、曲げても足先に当たる。
フラットの場合、少し足を曲げれば避けられてた記憶が。
そこまで不便ってわけではないけど、入浴中に追い焚きを使う時は体勢が限られます。


以上、地味に残念なポイントでした。
どのデメリットも、両方使ったことがなければ気にならないレベルかな?
どっちにしようか迷ってる人の参考になれば!

▼ブログ村テーマ
家づくりの残念・失敗・後悔ポイント
WEB内覧会*お風呂
トイレ・洗面所・風呂のインテリア♪