登記事項証明書をオンライン請求寸前で見つけた話(住宅ローン控除)

住宅ローン控除申請の準備をそろそろしなきゃ…!
マイホームを購入したのが2016年3月なので、今回が初の控除申請です。(土地・建物共に夫名義の築浅中古一戸建て)

初年度の確定申告はめんどくさいけど、来年以降は年末調整になるからがんばるぞー。
今回は、住宅ローン控除に必要な【登記事項証明書】のオンライン請求未遂&もしかしたら皆さんも手元にあるかもって話!

スポンサーリンク

住宅ローン控除の必要書類

調べたところ、初回申請に必要な書類は以下の通り。

1. 勤務先の源泉徴収票
2. 住宅ローンの借入金残高証明書
3. 土地・建物の登記事項証明書(全部事項証明書)
4. 売買契約書または建築請負契約書
5. 確定申告書

源泉徴収票→夫の会社で発行済
残高証明書→昨年10月くらいに郵送で届いた
売買契約書→不動産契約時に貰ってる
確定申告書→パソコン&プリンタがあれば印刷可能
(確定申告書等作成コーナーはこちら)

意外と揃ってた!残すは土地&建物の登記事項証明書

※以前は住民票の写しも必要でしたが、平成28年1月1日以降に住宅を取得した場合は不要になったようです。(確定申告書類にマイナンバーの記載欄ができたからっぽい)
念のため税務署に確認しようかな。

検索でお世話になったブログ

住宅ローン控除のブログをいくつか読んだ中で、個人的に解りやすかったのが 書庫のある家.comさんでした!

1から調べてる方は、私のブログよりこちらを読むことをおすすめします。
写真で見る住宅ローン控除の確定申告の必要書類一覧(注文住宅編)
あ、でも私のブログも読んでほしい…!

オンライン請求が未遂に終わった理由

で、本題はここから。

唯一手元に無かった登記事項証明書、これは法務局で発行してもらえます。
そして、直接出向かなくてもネット請求可能!

登記・供託オンライン申請システム
(平日8時30分から21時まで)

さっそく申請者登録をし必要な情報を入力していたのですが、ふとあることを思い出したんです。

すぐさま確認すると…あった!!!

さきほど紹介したブログに「不動産登記の時に司法書士さんからもらっていればそれを使います」という記述があったのを思い出して、改めて探したら見つかりました。

契約時に不動産屋さんからもらった書類セットは確認済みだったんだけど、司法書士さんからもらった書類は見返してなかったんだよね…!
本契約から数週間後に郵送されてきた【不動産登記権利情報】なんかと一緒に入ってました。


ということで、オンライン請求は中止。危うくダブるとこだった!
しかも、我が家の土地は分筆(?)してあるらしく登記事項証明書(全部事項証明書)は土地2通と建物1通必要なんです。
そのため、気づかなければ3通分の発行手数料1500円が掛かってたはず…ギリギリセーフ。

もしこれから書類を揃えようって方は、我が家みたいに司法書士さんが用意してくれてるかもしれません!
請求前に探してみてくださいねー。


以上、登記事項証明書のオンライン請求が未遂に終わった話でした。
事前確認は大事!

▼ブログ村テーマ
住宅ローン
家にまつわるお金の話
家づくりを楽しもう!