コンパクトなAB型ベビーカー PATTAN(パタン)を購入!

息子が生まれて2ヶ月が過ぎた頃、少しずつ出かける機会を増やそうとベビーカーを購入しました!
そこで、私が選んだ三つ折りベビーカーのパタンを紹介してみます。

スポンサーリンク

コンパクトなA型ベビーカーパタン

選んだのはピジョンのPATTAN(パタン)
税込み32,400円と、生後1ヶ月から使えるA型(AB型)ベビーカーにしてはけっこう安め。
さらに15%OFFになるベビーザらスのファミリーセールを狙ったので、3年保証をつけても3万円以下でした!

私が買ったのはベビーザらス限定のBAISIS(ベイシス)シリーズで、クラシックデニムというデザイン。デニムっぽくて可愛い!
楽天のトイザらス・ベビーザらスでも取扱ってます。


まずは全体像。両対面式のランフィなどに比べると、少しだけコンパクトです。

リクライニングは115°~165°の間で無断階調整可能。
上の写真は最大(165度)まで倒してます。

115度まで起こすとこんな感じ。(座面角度も三段階で調節できます)

このくらい背もたれが立てば腰すわり後も嫌がらず乗ってくれるはず!と期待。
B型ベビーカーに買い換えず済んだら嬉しい…!
肩ベルトカバーは付いていないので、抱っこ紐用に作ったカバーを装着してみました。


座面とホロ裏のヒッコリー柄部分はツルツルした触り心地。プリント生地かな?

全体的にデニムっぽい見た目だから色移りが心配だったけど、ピジョン公式インスタのコメント欄に『”デニム調”の色落ちがしにくい生地を開発しました』とあったので大丈夫そう!


下のカゴには、抱っこ紐くらいなら入れたまま畳めました。
それ以上かさばるものだと、畳めたとしてもストッパーが留まらなそう。(下の写真参照)

このストッパーが留まらなくても自立はしますが、持ち上げたり転がしたりは出来ません。


生後2ヶ月ちょっとの息子を乗せたところ。体重は5kg前半くらいだったと思います。

パタンは生後1ヶ月から使えるA型ベビーカーだけど枕やクッションが付いてないので、1ヶ月なりたての子供を乗せるには心もとないかも…!
2ヶ月過ぎの息子はガーゼ敷いてるだけですが、1ヶ月から使いたい場合はヘッドクッションみたいなの付けると安定しそう。
 

パタンを選んだ理由

ベビーカーについては妊娠中にいろいろ調べ、パタン・ランフィ・エアースキップの3種類が候補でした。

↓ピジョンのランフィ

↓ジョイーのエアースキップ

そして出産後、実際に店舗へ行き息子を乗せてみてパタンに決定!

▼我が家は車がないので以下を重視
・主な移動手段が公共交通機関
・電車の改札を通れる幅
・バスの乗り降りが自力で出来る
・小さいレンタカー(軽自動車やコンパクトカー)に積める

▼他にこんな条件も
・家の前に階段2段あり
・置き場所は狭い玄関
・身長低めでも持ち上げやすい(私が155cm)
・持ち運べる重さ(パタンは4.7kg)
・スーパーなどのお店内で小回りがきく

小さいうちは顔が見えるほうが安心かな?と思ったんですが、両対面式だと上記がことごとく難しくなるのでこだわりませんでした!
試乗した息子も『私の顔が見えないと泣く』なんてことはなかったのでセーフ。
実際、私の利用環境では対面式のメリットより背面式のコンパクトさが勝ってます。

我が家のあまり広くない玄関に置いてもこの通り。
一般的な二つ折りベビーカーと幅はあまり変わらないけど、高さが無いのですっきりして見えます。
二つ折りに比べ確実に圧迫感は無さそう!

結論:私みたいな環境にはパタンおすすめ

B型ベビーカー対象の生後7ヶ月まで抱っこ紐で粘ろうかとも考えてたけど、実際抱っこ紐を使ってみると3ヶ月間近の今(約6kg)でさえ腰が痛くなるのに、5.6ヶ月の子を連れて出かけるのは大変なんてものじゃないと思います…!
そして車を持ってない私はスーパーへ行くのも徒歩なので、抱っこ紐だと荷物を持って歩ける気がしませんでした。
…ということで2ヶ月過ぎにベビーカーを購入したわけです。

買ってわかったけどベビーカーがあると本当に便利!
気軽に出掛けられるようになったし、電車やバスにもひとりで乗れました。(バスは抱っこ紐併用)
私みたいな条件でパタンを買おうか迷ってる方には是非おすすめです!


以上、私が買ったベビーカーパタンの紹介でした!

▼今日のおすすめ(ブログ村テーマ)
・゜*・゜ベビーグッズ・子供用品゜・+. ・
今日、どんな服着せてる?