2018年の手帳*ほぼ日weeksサイズのリフィルを購入

先日『2018年の手帳はほぼ日weeksに決定』なんて書いたにもかかわらず、別の手帳を購入しちゃいました。

関連記事:【ほぼ日手帳2018】実物確認&初めてのほぼ日はこれに決定!

ちなみに、決定と豪語してたのはこのテディベアとクリアカバー。やっぱり可愛い…!
 

が、クマさんを諦めるくらいタイプな手帳に出会ってしまったんです。
デルフィーノから出ているCoated(コーテッド)って手帳なんだけど、ほぼ日weeksと同じサイズで中身がどストライク!
今日は、その手帳&カスタマイズ品を紹介していきます。

スポンサーリンク

コーテッド手帳の週間レフト

悩みに悩んで購入したのがこちら!

▼週間レフトリフィル HB6サイズ(デルフィーノ)

▼下敷き(ほぼ日)

・カバー(フリマアプリ)
・フェルト(ダイソー)

カバー付きもあったけど、ほぼ日weeksのカバーオンカバーを使いたかったからリフィルのみに。

このカバー、インスタでひとめぼれしたもののすでに販売終了…だったんですが奇跡的にフリル(フリマアプリ)で購入できました!
しかも未使用品。嬉しすぎる。

シンプルなリフィル

決め手はこのシンプルさ。(左:付属のメモ帳)
左のメモ帳と比べてわかるように紙はクリーム色で、文字は普通の黒です。
厚さは約1.1cm。トモエリバーのほぼ日weeksと比べたら少し厚め。

お気に入りポイントは以下の4点。

1.ウィークリー&マンスリーが無地
予定欄は適当に書ける無地が好き
2.右のフリースペースが方眼(2.5mm)
逆にこっちは方眼がよかった
3.巻末は罫線メモ20ページ&国内路線図のみ
このくらいシンプルが◎
4.印刷の赤が朱色じゃない
昔から朱色の文字だと集中しづらいんだよねー。なんでだろ。
見ての通りコーテッドはワインレッドっぽい赤だから、ほぼ日検討中にネックだった色もクリア!そしてお言葉スペースが無い分すっきり感UP。

ウィークリーページには、朝8時から夜22時までの時間軸付き。

そんなに予定がない私は使わなそうだけど、邪魔にならないデザインだから問題なし!
あ、祝日は英語表記です。これもけっこう気に入ってる。

半自作カバー

お次は、ほぼ日weeks用のクリアカバーについて。
単体だとこんな感じ。手書き風のアルファベットが可愛過ぎ。

ページのサイズ自体はweeksと同じですが、ハードカバーが付いてない分ちょっと隙間ができちゃいます。1cm弱かな。

そこで、表紙代わりにフェルトを購入!
フェルトで一般的な18cm×18cmでは微妙に足らない為、ダイソーでGETした70cm×60cmを自分でカット。
ほぼ日のfeltbookカバーが可愛かったから色はグレー。

そして完成したのがこちら。

想像以上に可愛い!!!
薄いグレーだからアルファベットが目立たないんじゃないかって心配だったけど、柔らかい仕上がりで大満足。
フェルトは差し込んでるだけ。ページをめくったりしてもずれません、やったね。

下敷きとの色合いもいい感じ。

ほぼ日weeksの下敷きがぴったりサイズ!

購入できる場所

ちなみにこのコーテッド手帳、近くのロフトには置いてませんでした。私は東急ハンズで発見。
楽天も今のところ無し。Amazonでは販売してます。

今回紹介したHB6サイズの他にB6・A6・A5があったので気になる方はどうぞ!
バーチカルタイプやブロックタイプ、カバー付きもあり。

▷▷Amazonでコーテッド手帳を見る

このコーテッド手帳、ネットやインスタで検索したけど使ってる人少ないんだよね…悲しい。
ってことで紹介してみました!


以上、私が選んだ来年用の手帳でした。
来年といっても、1月始まりじゃなく2017年12月始まりなのであと2ヶ月。楽しみ!

▼今日のおすすめ(ブログ村テーマ)
おすすめの手帳
ほぼ日手帳 愛用者♪