子供ができる前に家を買うデメリット3つ

ものすごく久しぶりに家づくりの話。
以前メリット編を書いたので、今回はデメリットを!

スポンサーリンク

子供のいるいないで視点が違う

我が家は夫婦二人暮らしの時にマイホームを購入しています。
子供欲しいねーとは言ってたものの、子供のいる生活なんて想定できず。
なんとなく学区を調べたくらいでした。
同じように「マイホーム欲しいけど子供ができてからのほうがいいかな?」と悩んでいるかたの参考になれば!

1.部屋数が足りないor余る

これは一番よく言われるデメリットだと思います。
いくら子供が欲しいと思っていても、こればかりは計画通りにいくとは限りません。
逆に『子供は一人or二人かな』と考えて部屋を用意したら、双子や三つ子を授かったり。

ちなみに我が家は3LDKを購入したため、ひとり一部屋作るなら子供は二人までかなと考えてます。
(今はまだ息子が小さいので私と夫が1部屋ずつ+寝室として使用中)

2.子供の通園・通学についての知識不足

前述したように、子供ができたときのことを想定して小学校・中学校がどこになるかは調べていました。
でも、意外と「じゃあその学校まで歩いてみよう!」とはなりませんよね。
私も子供が生まれて改めて調べたら、歩道の狭さや交通量など子供の足じゃ危ないかもと思う部分があったり…。

待機児童問題もあるので地域によっては保育園や幼稚園についても下調べが必要ですが、子供がいないとピンとこないことって多いと思います。
(私は今でもよくわかってません)

『広さ優先で駅から遠い土地に建てたけど、どうしても電車通学しなきゃ。』なんてこともあるかも?
当たり前ですが、大人だけの時と勝手が違ってくるのはデメリットかなと思います。

3.間取りや設備が子育てに向かない

夢のマイホーム。あれが欲しいここはこうしたいと希望は膨らみますよね。
でも子供がいる生活って想像が難しいと思います。
家族が増えたら「ここ危なすぎ」「あれ付ければよかった」「動線が効率悪いな」みたいなのは絶対出てきます。
これはね…しょうがないからそういうもんだと割り切りましょう!

▼ちなみに私が今気になってるポイント
我が家は外に散水栓(地面に埋まってるタイプの蛇口)があるんだけど、それを立水栓に変えたいです。
公園や外遊びをするといろいろ汚れるし、コロナのこともあって外で手を洗いやすくしたい!


以上、子供ができる前に家を買うデメリットでした。
どっちも一長一短ありますが、私は乳幼児を見ながら家探しできる気がしないので子供ができる前に買えてよかったと思ってます!