買って良かった築浅中古一戸建て!中古ならではのメリット

スポンサーリンク

2016年3月、ついに念願のマイホームを購入!

最初はなんとなく新築のみで探していましたが、最終的に選んだのは築浅中古の一戸建て(当時築4年半)。元建売の物件です。

スポンサーリンク

築浅中古物件を選んで良かった3つのポイント

家自体もすっごく気に入っていますが、その話はまた今度!
今回は、築浅中古という状態についてのメリットを書いていきます。

1.新築と同じ予算でより良い環境が手に入る

中古住宅最大のメリットはなんといってもこれ。

私達の希望条件に某駅徒歩15分以内というのがあったものの、新築で予算内の物件はすべて遠いところ(20分前後)ばかり。
そんな中現れたのが、運命の築浅物件です。

駅から約1㎞にもかかわらず、駅徒歩20分の新築とほぼ変わらない価格!
築浅じゃなければ確実に選択肢から外れてました。

2.住民ならではの情報を入手しやすい

ご近所づきあいに周辺環境、住んでみないとわからない情報も多いですよね。
中古の場合、実際に生活していた売り主さんから話を聞くことができます!

ご近所さんはみんな良い人、風が強いと近所の畑から砂が飛んでくる、夏は裏の空き地から雑草が伸びてくる、などなど。※実話です

実際に入居してみると本当にみなさん良い方ばかりで暮らしやすく、砂や雑草についても「今日は風強いから窓閉めとこうかな」「そろそろ(夫が)草むしりしないと」と、気持ちに余裕をもって対処できています。

3.家に傷が付くのを怖がらず生活できる

新しいものってどうしても大切にし過ぎちゃいますよね。
特にマイホームなんてのは人生で1番高い買い物です。(多分)

引っ越し作業にピリピリしたり、小さな傷を見つけて本気で凹んだり
我が家は夫婦2人ですが、子供の一挙一動にドキドキな方も多いみたいです。

中古だとすでにその過程を終えているので、気を遣わず生活できちゃいます!

にもかかわらず新築とそこまで変わらない

中古の中でも築浅ならではのメリットです。

十数年~何十年経過した中古と違い数年しか生活していないので、我が家にはそこまで気になる傷や汚れがありませんでした

※売主さんご夫婦は小さなお子さんが2人いたにもかかわらず、とても丁寧に暮らしていたみたいです。本当にありがとうございます!

築浅はおすすめ!

戸建てを探してるけどなかなか希望条件の土地で見つからない…というかたは、ぜひ築浅も視野に入れてみてください。

築浅自体の数が少ないので見つけるのは難しいかもしれませんが、もし出会えれば予算・条件ともに満たす家をゲット出来るかもしれません。

建物だけでなく、理想の環境を手に入れてマイホーム生活を楽しみましょー!

▼今日のおすすめ(ブログ村テーマ)
住宅ローン
中古一戸建て・マンション
新しいおうちの住み心地